スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ページのトップへ

仙台視察。

皆様 ご無沙汰しております。
ラック建築工房の奥村です。

先週末に宮城県 仙台市に行ってきました。
今回は「東日本大震災」後の関東地方がどの程度の復興しているかを視察しに行ってきました。

震災から1年半経ちました。
津波の爪痕が未だにあるのだろうかと半信半疑でしたが、やはり被害は甚大だったようで、
まだまだ復興途中のところが多くありました。仙台空港松林
この写真ではわかりづらいですが、仙台空港横の松林です。本来は向こう側が一切見えないほど覆われていたそうです。飛行機からは倒れたままのおびただしい数の松が見えました。
仙台空港付近住宅跡
住宅跡
上の写真は海岸近くの住居跡地です。
沢山の住宅基礎や外構の跡が続いています。

今回の視察では石巻や陸前高田などの最も被害が大きかった地域には行けませんでしたが、その地域ではリアス式海岸の関係上 瓦礫の一時撤去場所が少ないのと被害の大きさもあってまだほとんど復興が進んでいないようです。


めまぐるしく動く世界情勢に連日新しいニュースが流れます。「尖閣問題」「竹島問題」「反日デモ」など
日々メディアの露出が減っていく中で、被災地の皆様はまだまだ震災と闘っています。

われわれ日本人は一丸となって今一度「復興支援」に取り組む必要があるのかもしれません。
いろいろと考えさせられますね。

ページのトップへ

最新記事

カテゴリ

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
24857位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
2907位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ


ページのトップへ

私たち、ラック建築工房は「高品位住宅」を通して、お客様に安全・安心・快適・健康に暮らしていただけるよう精一杯努力しています。お客様の夢やご希望を聞かせて下さい。私たちが精一杯お手伝いさせていただきます。 プライバシーポリシー サイトマップ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。