スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ページのトップへ

売地情報♪

皆さんご無沙汰してます。
ラック建築工房の奥村です。

今回は当社所有の売地情報です!!
上代2

上代

城山上代1丁目に2区画。
田崎市場より徒歩5分の所です。
2F建てならあたりが一望できる丘の上です。
42坪と44坪で分譲中です。




田崎
こちらは田崎本町に1区画
JR熊本駅より徒歩12分(実測)
線路沿いの住宅街です。
新幹線の駅に徒歩圏内というのは魅力ですね。


今後もちょくちょく載せていきますので
チェックしておいてください。

ページのトップへ

看板♪

こんにちわ。ラック建築工房の奥村です。

今日もラック建築工房で所有する山林をご紹介します。




この山林は熊本県 上益城郡 山都町 にございます。
熊本市から車で90分程のところです。

こちらは基本的に植林専用の山林で、現在は比較的に若いヒノキが生育しています。


建材として使用できるようになるまでに、あと20~30年程はかかると思います。
気の長い話ですね~。

そこに本日、看板を建てました。
カワイイ看板が出来ましたのでブログにと・・・・・・。

DSCF0117.jpg

ヒノキさん、熊本まで綺麗な空気が届くように頑張ってください。


ではでは。

ページのトップへ

ヒノキの山

こんにちわ。
ラック建築工房の宮田です。
DSCF0082.jpg

今回は当社で保有するヒノキの山林をご紹介致します。

ここでまずヒノキについてご説明致します。

ヒノキは古来より日本の建築物に使われてきた最高の住宅建材です。
日本最古の木造建築物といわれる「法隆寺」が最も有名な例です。
h01_photo-main.jpg
ヒノキは、伐採時より200年程かかって最大の強度を出し、そこから1000年以上もかけて伐採時の強度程まで下がります。
 つまり、伐採から1200年以上は伐採時の強度以上を保持していきます。構造材としてはこれほど信頼がおける建材は他にありません。

 さらに、ヒノキにはフィトンチッドと呼ばれる樹液を放出します。これは木材になってからもヒノキ特有の香りとして出続けます。  これには、空気を浄化・脱臭する効果がある他、殺菌・防腐などの効果もあります。
 
 現在ラック建築工房では、ヒノキの山林を自社で所有し、伐採後に使った本数を植林し、熊本県産のヒノキを守っていこうと働きかけています。ヒノキはスギに似ていますが、育つ速度はスギの2倍かかります。
 今、植林しても私の生きている間に建材になることはありません。ですが、次の世代にこの素晴らしいヒノキを残していかなければならないと考えております。

DSCF0076.jpg
 今回、伐採したヒノキは100年物です。
 過去に植林して頂いた方に感謝しながら大事に使用させて頂きます。

DSCF0063.jpg


 追記
 当日は晴れてよかった~!

          宮田




ページのトップへ

仙台視察。

皆様 ご無沙汰しております。
ラック建築工房の奥村です。

先週末に宮城県 仙台市に行ってきました。
今回は「東日本大震災」後の関東地方がどの程度の復興しているかを視察しに行ってきました。

震災から1年半経ちました。
津波の爪痕が未だにあるのだろうかと半信半疑でしたが、やはり被害は甚大だったようで、
まだまだ復興途中のところが多くありました。仙台空港松林
この写真ではわかりづらいですが、仙台空港横の松林です。本来は向こう側が一切見えないほど覆われていたそうです。飛行機からは倒れたままのおびただしい数の松が見えました。
仙台空港付近住宅跡
住宅跡
上の写真は海岸近くの住居跡地です。
沢山の住宅基礎や外構の跡が続いています。

今回の視察では石巻や陸前高田などの最も被害が大きかった地域には行けませんでしたが、その地域ではリアス式海岸の関係上 瓦礫の一時撤去場所が少ないのと被害の大きさもあってまだほとんど復興が進んでいないようです。


めまぐるしく動く世界情勢に連日新しいニュースが流れます。「尖閣問題」「竹島問題」「反日デモ」など
日々メディアの露出が減っていく中で、被災地の皆様はまだまだ震災と闘っています。

われわれ日本人は一丸となって今一度「復興支援」に取り組む必要があるのかもしれません。
いろいろと考えさせられますね。

ページのトップへ

九州北部豪雨

こんにちわ。

ラック建築工房の奥村です。



先日の休みの日に阿蘇へドライブに行ってきました。

阿蘇の雄大な景観を眺めながら走っていると「九州北部豪雨」の影響でところどころ崖崩れが起きていました。

阿蘇の方は被害が甚大だと伺ってはいましたが、思った以上にひどかったです。

道中、「通行止め」の看板がありました。迂回路を行くとすごい光景が現れました。20120815_173731.jpg
とりあえず通る事は出来ましたが身の危険を感じました。

ガードレールがなかったりするところもありましたので、行かれる方は気を付けてください。

ページのトップへ

最新記事

カテゴリ

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
25506位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
3049位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ


ページのトップへ

私たち、ラック建築工房は「高品位住宅」を通して、お客様に安全・安心・快適・健康に暮らしていただけるよう精一杯努力しています。お客様の夢やご希望を聞かせて下さい。私たちが精一杯お手伝いさせていただきます。 プライバシーポリシー サイトマップ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。